INTERVIEW

DaizyStripper

取材/文:なるまゆか   公開日:2014.06.18

4人体制となったDaizyStripperがニューアルバム『TRAGUS』を6月18日にリリースする。
TRAGUS(トラガス)とは耳の軟骨に開けるピアスのこと。「TRAGUSのように聴く者の心を突き刺したい」、「運命が変わる1枚になれば」という想いで名付けられた今作は、バラエティ豊かな楽曲が揃っており、激しい楽曲に心揺さぶられたり、揺るぎない信念に心打たれたり、優しい気持ちにさせてくれたり、聴く側の感情の振り幅も非常に大きい。
4人で動き出した今の想い、そしてこの作品に込められた想いを語ってもらった。

INTERVIEW > DaizyStripper  (1/4)

心を突き刺す強い音

―― 4人になってから初めてのインタビューになります。4人で活動を進めて、今はどのような思いがありますか?

夕霧: 音楽的なところでいうと、2人いたギターが1人になったのでなおが今までの2倍頑張らないといけなくなって、今まで当たり前に演奏できていた曲がアレンジを見直さないといけなくなってしまって、持ち曲がいきなり半分くらいになってしまったんです。「この曲をやりたい」と思ってもすぐにはできなくて、苦しいこともありました。やっぱり5人でいるのが当たり前だったからそれが4人になって、すぐには受け入れられないし複雑で。ファンの子が最初に受けたショックと同じ気持ちが自分にもあったんです。でもだからって止まっちゃいけないと思ったんです。活動を止めることは罪だと。

―― 悩んで苦しんで、それでも前に。

夕霧:うん。待っていてくれる人がいる以上、走れなくてもゆっくりでもいいから前に進まないといけないと思ったんです。

―― なおさんはまゆさんが活動休止になって精神的にも演奏的にも負担が大きかったですね。

なお:そうですね。今までツインギターのバンドしか組んだことがなかったから、ギターが1人だけというのは未知数のことで、どうなっちゃうんだろうって最初は不安が大きかったです。でも自分が好きなツインギターのバンドのギターが1人になって、それを理由にバンドの活動がネガティブになったり、不安な気持ちが外に出ていたりしたら、それはつまんない、そんなバンドだったのかって残念に感じると思うんです。自分たちはそうはなりたくない。「自信がない」なんて言ったらまゆにもファンの子にも失礼だし、そんな自分はイヤ。そう思えるようになって、今はこの状況を楽しめてます。

―― やることはたくさんあるけど、楽しめてる。

なお:今までツインギターに甘えていた自分に気付けたんですよ。まゆがいる安心感ってやっぱりあったし、それが1人になって全部自分の責任になる。今のこの状況は俺に与えられた試練だと思っていて、10年後に人生を振り返ったとき、ここがターニングポイントだって言えると思います。

―― あのときがあったから自分は変われた、強くなれたって言えるような。

なお:うん。そういうポイントが今です。自分のレベルアップを図れるいい機会だと思ってます。この状況も自分にとっては運命なのかなって。

―― Reiさんはどのような思いがありますか?

Rei:どうなっていくんだろう、どうしたらいいんだろうっていう不安はもちろんあるんです。でも不安を乗り越えていくことは人を成長させるし、もっといいものを見せたいなっていう欲もどんどん出てくるから、マイナスの感情はあれど、視線は前を向いてます。進むことしか考えてないし、かっこいいものをどんどん見せていきたい。4人になったことで「音が軽くなったよね」と言われるのだけは絶対にイヤだったから、4人になっても激しく音圧のあるライヴを見せる、勢いは止めない。その思いがこの4人で共通していることなんです。

風弥:5人だったものが4人になることはマイナスの事象で、でもそのイメージは払拭したい。ギターの音が減る、曲のレパートリーが少なくなる、そういう支障はもちろんあるけど、そういうマイナスのイメージは持ってほしくないんです。さっき夕霧も言ったとおり、動き続けることが俺たちの使命だと思っているし、ライヴをやっていても、「今の俺たちを見ろ!」って言えるくらい、今は自信も出てきたんです。ライヴをやってみて思ったんですけど、5人のときとは違うバンドをやっている感覚で、5人で7年やってきたから、ライヴにしてもレコーディングにしてもある程度想像がついていたものが、4人になってみたらどうなるか全く想像できない。それが新鮮でもあり、わからないなりに挑戦してクリアしていくことが楽しいんです。

―― 手さぐりながらも確実に掴んでいっているわけですね。

風弥:この時期だからこそ生まれるものがたくさんあると思いますね。

―― 不安を抱えながら4人でスタートして、今は自信を持てるまでのところに来た。その要因はファンの子の反応だったり、声だったり、笑顔なのかなと思います。

風弥:うん、それはすごく大きい。一番の不安は、4人でどうやっていくんだろうというよりもファンの子がどんなふうに4人のデイジーを見てくれるんだろうっていうところだったと思うんです。ライヴをやっていくうちに「かっこよかった」とか「安心しました」という声を聞けて、感じていた不安が自信や気合いに変わっていった気がします。

前のページ (1/4) 次のページ