INTERVIEW

DaizyStripper

取材/文:なるまゆか   公開日:2014.06.18

INTERVIEW > DaizyStripper  (3/4)

―― 激しさでいうと「キューソネコカミ」のリズム隊の攻め方も印象的でした。

風弥:この曲は「TRAGUS」というタイトルが決まって、凶暴なアルバムを作る意志が固まって一番はじめにできた曲です。このぐらい凶暴にしたいっていう目安になった曲ですね。AメロBメロでガンガン行くんだけど、サビだけは違う印象にしたくて、サビだけ他の曲から持ってきて2曲をくっつけてできたんです。ハイブリッド感、個性を出したいなと思ってこういう形になったんですけど、「TRAGUS」というアルバムのイメージをカッチリ固めてくれた曲ですね。

Rei:「G.Z.S.K.K」と「キューソネコカミ」はやたらと5弦を使うんです。だから聴いていて今までと違う印象はあると思うし、ライヴでも肉厚なサウンドが見せられると思います。

―― なおさんのソロもかっこいいです。

なお:ありがとうございます!風弥がデモで入れていたフレーズを元にして自分でアレンジしたんですけど、これ、かっこいいですよね。

風弥:このフレーズ、なおが弾いてる姿を想像して作ったんだよ。足バーっと開いて弾いてる感じ。

なお:マジ!?そうだったのか!

風弥:CD聴いたファンの子もきっとなおが弾いてる画を想像できると思う。

なお:こういうソロは僕はあまり弾いてこなくて、今までだったらまゆが弾いてたようなギターソロだから、そう言われると嬉しい。また新しい自分が発見できた気がするし、ライヴで披露するのが楽しみ。

―― 今回のアルバムはどれも「お!」ってなる曲が多くて、そのなかでもグッときたのが「理想」なんです。

風弥:「G.Z.S.K.K」みたいな速い曲がメインにあったので、そことは違った独特のテンポ感の曲が欲しくて作った曲です。この曲のテーマは「言うだけはタダ」で、言うだけだったら簡単にできるし、とにかく自分の理想を言ってみようっていう曲なんです。夢は口に出したら叶うって言ったりもするし、だったら言っちゃおうよ、と。

―― なるほど。サビの「理想」というワードとメロディがすごく耳に残ります。

風弥:この曲も「G.Z.S.K.K」と同じでメロディを打ち込まずに仮歌で適当な言葉で入れて持っていったんです。俺がサビでなんとなく言っていた言葉が「理想」に聴こえたみたいで、それを夕霧が拾って今のサビになったんです。

夕霧:すごくインパクトがあったんですよ。「理想」という言葉が。

―― Reiさんのベースも本当にかっこいいです。

Rei:おー!嬉しい!ありがとうございます。俺もこの曲大好きです。弾いていてメチャクチャ楽しいし、こういうリズムパターンって今までありそうでなかったんですよね。デモで上がってきたのを聞いて「かっけー!」って単純に思ったし、ライヴも想像できた。、このベースおいしいです(笑)。弾いていてノリがすごく楽しくて、たぶんずっと棒立ちで聴いていたとしてもこの曲は勝手にノッてきちゃう曲だと思います。勝手に体が動いちゃうリズム。独特なリズムで好きですね。レコーディングも楽しかったです。

―― 「真面目complex」もおもしろい曲でした。なおさんの書く曲はギミックになるような曲が今までも多くて、今回もその要素がありつつ、さらにチャレンジ精神旺盛になってますね。

なお:僕が作る曲は激しいものが多くて、「真面目complex」みたいなテンポの曲は初めて書きました。やったことないテンポで曲を作ってみたかったし、トランスというか、クラブで流れていそうな曲っていうイメージがあったので、そのイメージを形にしました。インパクトも欲しかったから夕霧にハーモニカを吹いてもらって。

―― 曲の展開も音色も「そう来たか!」の連続で。

なお:最後はヘドバンで終わるっていう(笑)。

―― まさかの展開(笑)。

なお:僕的には“どんぐりガム”みたいな曲だと思ってるんです。

Rei:“どんぐりガム”って何だっけ?

なお:キャンディーだけど中からガムが出てくるやつ。

Rei:あー、あれか。

―― 飴だと思って舐めてみたら中からガムが出てきた驚き(笑)。

なお:まさにそんな感じの曲だと思うんです。意外性の塊の曲。イントロの印象とは全く違って終わる曲。みんなを裏切りたかったから。

Rei:この曲、今トラックリスト見ていて思ったんですけど、一番タイトル気になりません?すごいインパクト。

―― タイトルを見て、以前なおさんが「真面目って言われるのがすごくイヤ」っておっしゃっていたのを思い出しました。

なお:ああ、言ってましたね。「真面目」とか「普通」とか言われるのがイヤって。

夕霧:そんななおの気持ちも代弁してます。俺らもみんなイヤなんだけど、イヤレベルが高いのがなおだからこれはなおの曲。不真面目になりたいわけじゃなくて、音楽に対して、ファンの子に対しては真面目で真っ直ぐでいたい。でも見られてるイメージは変えていきたい。殻は破りたい。

―― 真面目なだけじゃないぞ、と。

夕霧:「デイジーって優等生だよね、真面目だし礼儀正しいし、ライヴも安定してるよね」ってよく言われるんです。昔はそれが嬉しかったけど、最近ヴィジュアル系として優等生のバンドってどうなんだろうって思うようになって、まさに反抗期というか、そういう気持ちが歌詞に出てます。真面目という殻を破りたい、でも破れない、そういう気持ち。ヴィジュアル系って独特で、俺たちもファンの子も傍から見たらすごく変な集団に見えるかもしれないけど、それでも俺たちは俺たちだし、それでいいんじゃない、ダメな俺たちでいいじゃないかと。俺の大好きなバロックさんの歌詞にもあるんですよ。「嫌われ者の僕らでいようね」って。その気持ちと同じです。

―― 夕霧さんの声も影があってとても魅力的でした。

夕霧:なおの曲は、原色の絵の具を塗りたくっても大丈夫というか、どんなに過激な歌詞だとしても「ありがとう」って言ってくれるような気がして、俺のなかで風弥の曲、Reiの曲とは意識が違うんです。別枠というか。歌い方は無意識ですけど、たぶん詞の書き方につられて歌い方も変わるのかな。そういう部分が声に出たんだと思います。

前のページ (3/4) 次のページ