INTERVIEW

ユナイト

取材/文:なるまゆか   公開日:2015.07.08

INTERVIEW > ユナイト  (2/3)

―― うーん、それはいつも聞く話ですね(笑)。「レヴ / ice」のときも曲ができたのがギリギリで、莎奈さんは東京に来る新幹線で曲を覚えてレコーディングしたとおっしゃっていましたし。

莎奈:それと比べたら前日にはできていたのでいつもよりは早かったかも。「マーブル」のカップリングの「WONDER f∞l PEOPLE」は当日にできてなかったですから(笑)

―― 前日にできていれば優秀だと。

莎奈:まあ若干俺はキレてましたけどね(笑)。

―― ですって、LiNさん。

LiN:この話になると元気なくなりますね……。

4人:爆笑

LiN:一体なんでそんなにギリギリになってしまったんでしょうね?

莎奈:4周年のライヴがあって、LiNさんは楽曲制作以外の仕事が多かったから、そのせいでもあるんですけど。

LiN:「今日出さないとLiNさんの曲が入りません」と未緒さんに言われて慌てて作ったんですよね。福島だったかな、ライヴのあとにホテルで曲を作っている振りをしてたんですよ。

―― 振り?

LiN:なんかギター持って部屋に籠って曲を書いてるのってかっこいいなと思って、そんなに本気でやる気はなかったけど曲を作っている振りをしていて(笑)。そのときに無意識に音を打ち込んでいたらイントロができて、「timeSICKness」はそのイントロを広げてできた曲です。歌詞はまさしくそのときの状況、“時間がない”をテーマに書きました。アルバムタイトルが「UNiVERSE」なので、そういう宇宙的な要素を入れようと思って、“時の番人”と、時間を司る神様を登場させました。

椎名未緒:それが「UNiVERSE」っぽいの?

LiN:宇宙と神様は近い存在なんです。

―― “時の番人”というのがLiNさんにとっての「UNiVERSE」感。

LiN:そうです。精一杯の「UNiVERSE」感です。

―― なるほど。LiNさんの曲は「timeSICKness」の他にシングル曲の「ice」とそこに繋がるインスト曲「l8r」があって、この曲はインスト曲ですが歌詞カードに書かれた言葉に震えました。

LiN:これは、歌はないけど、歌詞を載せたいと未緒さんに言われて書きました。「ice」と近いものがありますね。

―― この歌詞カードのレイアウトは?

LiN:こういうの、なんかヴィジュアル系っぽいなと思っていてずっとやりたかったんです。だから特に意味はないんですけど、次の「ice」に向かっていく感じになってますね。

―― なるほど。結さんは今回のアルバムはどのように挑みましたか?

:今回は日程をずらしてヴォーカルレコーディングができたので、連続して歌録りじゃなく1曲ごとしっかりと向き合えて、いつもよりじっくり取り組めた印象があります。準備もしっかりできた状態で臨めたし、気持ちに余裕がありました。

―― 印象に残っている曲や新しいことができたという曲は?

:印象に残っているのは「THEATER -LA-」ですね。この曲は裏ノリで、僕、裏が苦手で、リズムで苦労しました。すごく難しかった。新しい印象を与えられたと思うのは、「—キリトリセン—」ですね。ユナイトの曲はAメロにしてもBメロにしてもサビにしてもきれいなメロディが多いので、こんなふうにメインがシャウトになるのも珍しいし新鮮ですよね。シャウトのやり方も今までと変えたので、新しいと思ってもらえる気がします。

―― 結さんはきれいな歌メロの印象が強いので、シャウトとなると印象がガラッと変わりますね。

:そうですね。シャウトの印象は本当にないみたいで色々な人に言われます。でもシャウトしてかっこよくなるならどんどん取り入れたいと思ってます。

―― 声の使い分けが上手いのでヴォーカルが2人、3人いるような聴き心地です。

:そう言ってもらえると嬉しいですね。

―― 先程お話に出た「THEATER -LA-」は、聴いていて曲に体を包まれるような感覚があったのですが。

椎名未緒:それはハクさんのベースが要因です。ハクさんのベース、ヤバイんですよ。

―― 「THEATER -LA-」もそうだし、「回想」もベースがヤバイ曲ですよね。

:そうなんです。

椎名未緒:いつの間にかどんどん勝手にヤバくなっていて(笑)。

―― 勝手に(笑)。

椎名未緒:よく練習しているなとは思っていたんですけど、気付いたらヤバくなっていて。

ハク:ヤバイって連呼しないでください(笑)。

―― ベース、すごくかっこよくなってると思いますよ。

ハク:ありがとうございます。今回のアルバムは、全力投球でした。

椎名未緒:全力投球(笑)。

一同:爆笑

ハク:ベースに関しては、基本的に任せてくれたので、ライヴのことを一切考えずに、音源として自分が一番かっこいいと思える仕上がりにしようと思って作りました。だからすごくかっこいい仕上がりにできたし、こうやって「ヤバイ」とか言われるくらいのものができたけど、「ライヴどうしよう…」とちょっと焦ってます(苦笑)。ただ、これをライヴでできたら自分の限界を超えたことになるので、頑張って超えたいですね。

前のページ (2/3) 次のページ