INTERVIEW

BULL ZEICHEN88

取材/文:なるまゆか   公開日:2015.10.06

INTERVIEW > BULL ZEICHEN88  (2/3)

ギャップを楽しむには適任だったんです

―― Sebastianさんといえば、「WINK」のMV……あれはつっこまないとダメですよね?(笑)

IKUO:あ、MV見ました?

栄二郎:あれは衝撃的(笑)。

―― はい、かなり(笑)。

IKUO:ブルゼッケンの新曲なのに栄二郎いなくて、しれっとセンターでかわいこぶってるのがいますからね。

栄二郎:声も俺じゃないしね(笑)。

―― このアイディアは淳士さんですよね?

IKUO:もちろん。「WINK」は究極のミクスチャーにしたくて、ラウドな部分はとことんラウドに、ペリフェリーみたいなイメージで、そこにピーターフランプトンとかパイロットみたいな僕の好きな70年代のアメリカンポップスをはめ込んで、「はっ?」って言われるくらいの極端な展開にしたんですけど、聴かせたら3人とも「はっ?」ってなってくれて、期待通りの反応で。これを聴いた淳士くんがね、いつも通り色々とアイディアが膨らんだみたいで、「よし、セバスを女にしよう」、と(笑)。

―― 淳士さんらしいですね(笑)。

IKUO:淳士くんにはあのポップな部分がアイドルっぽく聴こえたみたいなんですよ。僕はピーターフランプトンのつもりだったのに淳士くんは80年代のアイドル、白いワンピースが風に吹かれて、みたいなイメージが浮かんだみたいで。

―― 聖子ちゃんとかですか。

IKUO:そうです、そうです。それをセバスにやらせると(笑)。夜のヒットスタジオの映像をYouTubeで見て「こういう感じ?」とか色々話して。そこから淳士くんが歌詞を書いてタイトルも「WINK」に決まったんです。淳士くんいわく、あのMVはシャンプーのCMのイメージらしい(笑)。ラウドの部分はちゃんと演奏シーンなんだけど、最初に出すトレーラーはポップの部分だけにして、「はっ?」の感情をさらに盛り上げていこう、違和感だけを集めてこれが新曲って見せちゃおう、と。ファンの子が見たら、「Sebastianが女装してる」、知らない人が見たら、「誰これ?」となっておもしろいな、と。

―― 確かにインパクト大で相当おもしろいです

IKUO:今回はBULL ZEICHEN88 feat.セバ子ちゃんと思ってもらえれば(笑)。セバ子ちゃんとBULL ZEICHEN88がコラボしてる感じです。

―― セバ子ちゃん、ブレイクの予感がします(笑)。

栄二郎:トレーラー出した瞬間からざわついてます(笑)。

IKUO:「HIMANCHU」はMVで遊んで、「WENDY」は歌詞で遊んで、でもそれを超えるのが「WINK」。ちょっとね、怖さもあったんですよ。曲だけでこんなにやらかし感があるのは初めてだし、ここまでやっちゃっていいのかなって。でも守りに入るよりも、攻めていきたいし、ブルゼッケンだからこそできることだし、人がやっていないことをやってざわざわさせるのは楽しいですからね。

―― そうですね。

IKUO:ブルゼッケンのシングルは最近の流行、割と主流なものを取り入れて楽曲を作っているので、もしセバ子のパートがない状態のものをリリースしたら、「今回もかっこいいね」だけで終わっちゃうと思うんです。最近は海外で勝負できるようなラウド系のバンドがたくさん増えて、正統派なバンドはいっぱいいるから、そことは違うラウドでおもしろいものを見せていくのがブルゼッケンだと思うし、僕らは神格化されるようなバンドとは違うから、テクニックはすごいけど、なんともいえない偽物感があって、そういうところで勝負していきたい。セバ子は、ふざけているように見えるかもしれないけど、すごく真剣にやってますから。ただ、いつも通りの年1回のリリースだったら「WINK」は出せてないかもしれない。1年間セバ子はさすがにツラいでしょ(笑)。

―― 今年2枚目がリリースできたからこその「WINK」ですね。

IKUO:そうですね。

―― 普通ではない、一筋縄ではいかない、なんかまたおもしろいことやっているな、それがBULL ZEICHEN88。

IKUO:そう。普通では終わらない。最初すごくビックリすると思うんです。でも聴いてるうちにだんだん整合性が取れていくというか、普通のものとして受けて取れるようになるんですよ。

―― 「WINK」は激しく攻められたと思ったら急にかわいくなってキュンとしますもん。女心を掴めていますよ(笑)。

IKUO:アハハ(笑)。そのかわいいところに栄二郎が絡んでないのがおもしろい。ヴォーカルのかっこよさを維持しつつ、かわいいところはセバ子ちゃんに。

栄二郎:僕がやってもたいしておもしろくないんですよ。たぶんキャラ的に普通にはまっちゃう。あれをセバスがやることでキワモノさが出ておもしろくなる。

―― キワモノ(笑)。

栄二郎:普段の見た目とかキャラとか考えると振り幅が一番大きくなるのがセバスだから、ギャップを楽しむには適任だったんです。

IKUO:セバスとセバ子、MVには両方出てくるけど、同一人物には思えないし、ブルゼッケンがアイドルとコラボしてるよくらいにしか思えないかも(笑)。

栄二郎:いわゆる女形ではなく、セバ子はセバ子。

IKUO:ここでちゃんと言っておきますけど、セバ子はノリノリでやってましたから。俺たちが押し付けて無理矢理やらせたわけじゃないんで。イジメでは決してないです(笑)。

栄二郎:たぶん、新しい何かに目覚めたんだと思う(笑)。

IKUO:ブルゼッケン始めてあんなことになるとは思ってなかっただろうし、人生何があるかわからない(笑)。

栄二郎:明日は我が身…気が抜けない(笑)。

前のページ (2/3) 次のページ