INTERVIEW

vistlip

取材/文:なるまゆか   公開日:2015.11.19

vistlipがニューシングル「COLD CASE」を11月11日にリリースした。
イントロから骨太なバンドサウンドがお目見えする今作は、これまでのvistlipのシングルとは一線を画す挑戦作。彼らの魅力である彩度の高さはそのままに程よく明度を落とし、ヴィジュアル系らしいダークさを表現している。
新作について、そして次回作についても少しだけ、智とTohyaに話を訊いた。

INTERVIEW > vistlip  (1/3)

「自分たちの歴史やこれまでの色を考えると
                                          この曲はすごい挑戦」

―― 今作はどんな意識で?

Tohya:ライヴで使える曲ですね。今までのvistlipのシングル曲はライヴで使いやすい曲というのがあまりなかったんですよね。

:Tohyaが作る曲は特に。

Tohya:そう。僕が作る曲は本当に世界観重視で、せっかく作ってリリースしてもライヴで使いづらくて。そういうのがもったいないと思うようになったので、今回はライヴで頻繁に使える曲を作ろうと思って作りました。

―― ライヴで使いづらいっていうのはTohyaさんのなかでずっと引っ掛かっていたことですか?

Tohya:そうですね。悩んでいるというほどでもないけど、壁にはなっていた気がしますね。イベントだと特に、限られた時間のなかで楽しんでもらおうと思うと定番の暴れる曲とかがセットリストのメインになってきてシングル曲がないこともあったりして、そういうのを今回のシングルで解消できたらいいなと思ったんです。そういう気持ちと、いつも通り智からリクエストがあったのでそれに合わせて作りました。

―― 今回の智さんのリクエストはどんなものだったのでしょう?

: Tohyaが作る曲はきれいになりすぎる印象があるからいつもとは違ったテイストにしてほしいと。今回のデモが上がってきて、海と瑠伊が好印象を持っていたのをすごく覚えていますね。ただ、これまでvistlipが積み上げてきたものもあるから、自分たちの歴史やこれまでの色を考えるとこの曲はすごい挑戦。でも挑戦する価値はある曲だと思います。

―― 確かにこれまでずっとvistlipの曲を聴かせていただいていた身とするとすごく意外だったし、こっちに向かせた要因は何だろう、とすごく気になりました。

:うーん、色々なジャンルとかサウンドとか、挑戦する気持ちはずっとあったけど、自分たちのなかでも凝り固まったvistlipのイメージがあって、なかなかそこから飛び出すことができなかったんですね。でも、死ぬまで同じような楽曲をやり続けるならバンドを続ける意味もないし、自分の人生においてマイナスにしかならないと思って。

―― 挑戦したい気持ちがこのタイミングで一層強くなったんですね。

:たぶん、5人それぞれで葛藤があったと思うんです。アルバムでは出せていたものがシングルではできないことが多くて、それを何とかしたかった。今回も結果的に「Break Out」のタイアップが付きましたけど、制作段階ではタイアップの話は一切なくて、それがよかったのかもしれない。タイアップが決まっていると、やっぱりそのイメージとか、大人の事情とか、制約が何かしらあるので、それがないからこそ挑戦したいっていう気持ちが強くなったんだと思います。

Tohya:でも、智からリクエストがあったのが結構ギリギリで、時間のないなか短時間でできた曲なので、じっくり取り組んでできたというよりはできちゃったという表現が的確かもしれないですね。智から言われたことを忠実に再現というか、自分の手札のなかで智のリクエストを形にした結果が「COLD CASE」です。

―― 生みの苦しみを味わうほどでもなく。

Tohya:なかったですね。もうちょっと早めに言ってもらえるとじっくり向き合えるので、今後はそうしてほしいかな。今できなかったら終わりっていうがけっぷち感を味わったので(苦笑)。

―― 相当タイトだったと。

Tohya:「BAKE」は前からあった曲だけど、「COLD CACE」と「SIREN」はタイトななかで作りました。

―― 曲に合わせて演奏も今までに出てこなかったものが出てきていますね。

Tohya:曲調に引っ張られて出てきたのは間違いないですね。アレンジはすごくシンプルだけど、それを洗練された音に聞こえさせられるようになったのはテクニック的に進歩したかなと思います。引き算ができるようになって、今までのガチャガチャと音を増やしていくやり方とは違って、シンプルな音をしっかり聴かせられるようになりましたね。バンド力が上がったのかも。

―― バンドとしてパワーアップしたことで、vistlipの武器であるメロディの良さがより際立った気がします。

Tohya:そこは絶対大事な部分ですからね。イントロの印象でハードなままサビを駆け抜けていく方法もあったけど、それだったら僕の曲じゃなくてもいいと思うし、メロディのきれいさはきちんと残したかったんですよ。あのサビだからこそvistlipでやる意味があるんだと思う。

前のページ (1/3) 次のページ