INTERVIEW

Psycho le Cému

取材/文:なるまゆか   公開日:2016.06.10

INTERVIEW > Psycho le Cému  (3/4)

「ちょっとだけ散らかした自覚はあります(笑)」

―― 両A面のもう1曲、「奇跡を知る僕らは五線譜に咲く希望を唄う」は、seekさんの楽曲ですね。歌詞がじわっと染みますね。

DAISHI:それはseekの狙い通りですね。

Lida:seekは最近こういうポップな曲を書くようになったね。

DAISHI:歌詞も昔ほど小難しくなくなったしね。

Lida:文学的ではあるけど、小難しくはなくなってきたかな。そういうものとストレートな部分を使い分けるようになった。

―― 「躓いた過去」という歌詞がもう。

DAISHI:よう、それを俺に歌わせるなと(笑)。やっぱり消せることじゃないし、みんな自然とそういうワードが出てくるんですよ。

Lida:それだけ衝撃的やったんや。でも過去はやり直せるわけじゃないし、隠すつもりもないし、ただ、今はもう未来を向いている。Psycho le Cémuは未来を見て活動しているということを伝えたかったのがこの曲です。

―― 活動再開となった去年のライヴのときに、seekさんが、「ファンの子にとって悲しい記憶になってしまっていたかもしれないけど、こうしてPsycho le Cémuが活動することで、これからまた楽しい記憶になってくれたら」というお話をされていたのを思い出しました。

DAISHI:そうですね。その思いが詰まった曲やと思います。

―― そして、通常版のみの収録になりますが、「摩天楼カオス」は、ワクワクするような暴れ曲でテンション上がりました。

Lida:Psycho le Cémuは元々ダークネスなバンドでしたからね。

DAISHI:昔からのファンは特にこういう曲好きなんちゃいます?

―― 大好きだと思います。やっぱりライヴで暴れたいですからね。

Lida:メジャーデビューをしてから、こういう曲調がなかったわけじゃないけど、インディーズの頃みたいな激しい楽曲は少なかったから、復活した今、こういう曲をやるのもいいかな、と。

DAISHI:レコーディングも楽しかったな。昔より全員スキルアップしてるから、大人な激しいロックになったし、よりダークネスな雰囲気を作れたし。

Lida:この曲は結構前からできていて、選曲会でも出していたけど、全然票を得られなかった曲なんです。ただ唯一AYAくんだけが、ずっと推してくれていて。

DAISHI:「あきらめないDAYS」のときに不採用になって、AYAくんはずっと不満そうにしてたんですよ。だから「まだ早い、まだ待て」って言って(笑)。

―― 2枚目のこのタイミングだと。

DAISHI:AYAくんはようやくできて喜んでますよ。

Lida:「奇跡~」と「摩天楼カオス」は新しくnishi-kenさんがプロデューサーとして参加してくれて、今までの僕らにない新しいアプローチや世界観が生まれたなと思いますね。

DAISHI:nishi-kenさんは全然ヴィジュアル系出身じゃないけど、だからこそ思うヴィジュアル系像があるみたいで。

―― ヴィジュアル系畑じゃない方から見るヴィジュアル系の仕上がりになっている?

DAISHI:そうだと思います。もしかしたらいつもよりヴィジュアル系色が強いかもしれない。「もっと歪ませて」とか、ヴォーカルだけでもリクエストがたくさんあって、おもしろかったですね。

Lida:ずっとヴィジュアル系でやってきたけど、僕らは異色な部分が多かったし、線引きというか、どこまでがヴィジュアル系なのかわからない部分があったりするので、外から客観的に見て判断してもらえたのはよかったと思いますね。

―― いいエッセンスが加わりましたね。

DAISHI:そうですね。nishi-kenさん、メッチャ褒めてくれるんですよ。気持ちよくなるくらい。あと、言葉攻めが多い(笑)。

Lida:「摩天楼カオス」のベース録りのときに、ブレイクのところでベースを鳴らすところがあって、そこを録るときに、生楽器特有のアプローチが欲しかったみたいで、seekも色々試行錯誤して弾いてたみたいなんですけど、nishi-kenさんに「もうメチャクチャにして!」って言われたらしいです(笑)。

―― nishi-kenさんおもしろいですね(笑)。「大江戸旅ガラス」はPsycho le Cémuの踊って聴いて暴れるという魅力が揃った3曲で素晴らしい構成だと思います。

DAISHI:最近のヴィジュアル系が好きな若い子たちにはPsycho le Cémuはどうなんですかね?知ってほしいし、聴いてほしいけど、届くかな?

―― Psycho le Cémuが出てきて、黒からカラフルな時代になっていったんですよね。それからキラキラしてきて、それで今また黒エナメルが戻ってきていて、そのなかでPsycho le Cémuのカラフルさは目を引くと思います。ライヴを見てもらえたら絶対に楽しいと思ってもらえる気がします。

DAISHI:俺らのいいところは、昔のPV観ても色褪せないというか、そのときの流行りを一切着ずに独自の衣装やったから、時代を感じないんですよ。髪型も時代ごとに流行りがあったけど、完全に無視してたもんな(笑)。

―― 確かにそうですね。仏様はきっとこれから100年経っても色褪せないですよ(笑)。

DAISHI:仏様やからね(笑)。でも昔のヴィジュアル系の方が崩しやすかった気がするんですよね。様式美がしっかりあったから。今は色々幅が広がっているから。

Lida:今は昔よりバラエティ豊か。

DAISHI:王道みたいなバンドばっかりやったら俺らは楽なんやけどな。

―― 散らかったきっかけはPsycho le Cémuですよね?(笑)

DAISHI:やっぱりそうなんかな?確かにちょっとだけ散らかした自覚はあります(笑)。

前のページ (3/4) 次のページ