PLAYLIST

Sadie

公開日:2013.10.15

PLAYLIST > Sadie  (1/2)

絶望、そして希望

10月16日に待望のニューアルバム『MADRIGAL de MARIA』をリリースするSadie。V-SHELF初登場となる今回は、「絶望と希望」というテーマで2つのエピソードと楽曲セレクトをしてもらいました。

 

真緒(Vo.)

「絶望を見た」と思うほどにショックだった最近の出来事を教えてください。  
 
絶望をみたというほど大それてはいませんが絶望になりかけたことを。
今年1月から入所した教習所の満期が10月5日まで。
忙しかったりで結局2段階は捨て、せめて仮免許だけでもと詰め込んでなんとかしたんですが10月1日に無事仮免許とれました。
もし、10月1日に万が一落ちてたらスケジュール的にも間に合わず絶望さよなら30万でした。
 

「MADRIGAL de MARIA」制作中に見た絶望
(レコーディングで大変だったことや苦労した曲を教えてください)   
 
ボーカルレコーディング期間がハードスケジュールすぎて声が出ないかと心配でした。ものすごく自分自身に気を使い、無事いいものとれました。
レコーディングにおいて一番の天敵は鼻声での風邪。
本当絶望的ですからね、熱や咳はごまかせても鼻声というものだけはどうしようもないですから。

どんなに落ち込んでもこれを聴けば元気になる。希望が湧く。とりあえずアガル。そんな1曲を教えてください。

「METEOR」

Sadie

from「THE BLACK DIAMONDS」

amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴するiTunesで購入・試聴する

曲自体、ライブメインで考えた構成の楽曲ですし、メロディーや歌詞も前向きな意味を込めましたからね。
Sadieの楽曲の中では明るい曲調のナンバーですが突き抜ける感覚を是非とも堪能していただけたらと思います。

 

剣(Gt.)

「絶望を見た」と思うほどにショックだった最近の出来事を教えてください。

特にありませんが(笑)、焦ったことといえば、東京で数日お仕事がありまして、無事お仕事を終え、いつも通り大阪へと帰宅するのですが、大阪についたときにふと、自宅の鍵を探したところ見つかりません。いつも鞄の中にしまっているのですが、たまたまその時鞄の中身がパンパンでして、鞄の中に手を入れても鍵が手に当たらず、ヒヤっとしました。絶望を見かけました笑。結局、よく探すと鞄の中にちゃんと鍵がありましたので、良かったですが。

「MADRIGAL de MARIA」制作中に見た絶望
(レコーディングで大変だったことや苦労した曲を教えてください)  

そうですね、6:曲目の『嘘にまみれた真実の底』が後半さしかかるまで、全てアコースティックギターでのアレンジでしたので、かなり苦労しましたね。
アコースティックギターはエレキギターよりも弦の鳴りや、ピックの当たり方、ニュアンス、全てが露骨に音として出てしまうので、とってもシビアでした。
感情の込め方一つでも音が変わってしまうので。曲が進行していくにつれて、表情を展開していかなくてはいけませんから、淡々ときっちり弾くだけでもダメなんです。
とっても難しかったですね。  

どんなに落ち込んでもこれを聴けば元気になる。希望が湧く。とりあえずアガル。そんな1曲を教えてください。

「陽炎」

Sadie

from「MASTER OF ROMANCE」

amazonで購入・試聴する

Sadieで提示している楽曲はどの曲も自分たちにとってなくてはならないものなので、1曲というのはなかなか難しいですが、あえて上げるとすれば、陽炎でしょうか。
原曲は僕が作成したのですが、Bメロから、サビにかけてのメロディラインがいつ聴いてもよく作れたなーこれ。っと思いまして(笑)。自分の作ってきた楽曲って作成後は、すぐ次なる課題を見つけたり、自分自身に厳しくなってしまうせいか、100%満足しきってますっていうのはなかなか無いものなんです。
だからこそ、次なる楽曲が生まれていくのですが。「陽炎」はかなり過去の曲ではありますが、今聴いても単純に『良い!!』って思えるというか。作れて良かったなと思います。

 

前のページ (1/2) 次のページ