LIVE REPORT

Freaks Addict Tour beyond

取材/文:なるまゆか   公開日:2013.12.13

LIVE REPORT > Freaks Addict Tour beyond
Freaks Addict Tour beyond
2013.11.15@SHIBUYA–AX

MERRYとlynch.の2組によるツアー「Freaks Addict Tour beyond」が11月15日、SHIBUYA–AXにてファイナルを迎えた。
オープニングアクトとして登場したのは、本ツアーの鹿児島、福岡公演に参加した、彼女in the display。当初ファイナル公演には出演予定のなかった彼らだが、「翌日に東京でライヴがあるなら1日早く出てきて参加しなよ」という誘いを受け、急遽参加が決定。
アウェイ感漂う状況のなか、そんな素振りも見せずに1曲目「Unlimited」からダンサブルながらガッシリとしたサウンドで魅せると、2曲目で稲木亮介(Vo.)が玲央(lynch./Gt.)と結生(MERRY/Gt.)を呼び込んだ。初見故にどこか様子見といった雰囲気だったオーディエンスのテンションも一気に上がりフロアの温度は急上昇。「Gold Experience」、「Crazy Diamond」とその温度をさらに高め、オープニングアクトの“温める”という役割をしっかりと果たしてくれた。

温まったステージに登場したのはDIAURA。「SIRIUS」のイントロが鳴るとフロアからは感嘆の声が漏れた。妖しげに手を広げながらyo-ka(Vo.)が艶のある声で惹きつけると、「AX!声を聞かせろ!」と焚きつけ「赤い虚像」を披露。この曲は来月リリースのニューアルバムに収録されている曲だが、すでにイベントで演奏されているだけあってライヴ曲としての地位を確立していた。
「anti people」のコール&レスポンスの後に葉月(lynch./Vo.)、悠介(lynch./Gt.)がステージに登場した。声質のよく似た2人のヴォーカリストの掛け合いはとても心地良い。
「Judgement」、「MASTER」とさらなる盛り上がりを見せ、披露されたラスト「TRIGGER」。「ノリなんてどうだっていい。何か少しでも感じるものがあればいい。それぞれに『TRIGGER』という曲が残ればいい。自由に感じてください」というyo-kaの言葉。ニューアルバムの収録曲、しかもまだ一度もライヴで披露していないこの曲をラストに披露したのは、このツアーで、熱、そして自由を得られたからこそ。DIAURAは未来への布石を打ちステージを去った。

続いて登場したdefspiral。MASAKI(Dr.)のスティックが鳴り始まったのは「VOYAGE」。伸びやかな声でオーディエンスを惹きつけながら、TAKA(Vo.)は、「誇り高く旗を掲げ」の歌詞に合わせマイクスタンドを天高く掲げた。大きな旗を振りかざすようなその姿はこれから始まるdefspiralの世界へオーディエンスを導くといった様相。
「渋谷!踊りましょう!」と「MASQUERADE」で踊らせると、続く「PARADISE」ではガラ(MERRY/Vo.)と健一(MERRY/Gt.)が登場。MASATO(Gt.)と健一が楽しそうに向き合って弾いている様を横目にヴォーカル陣に目をやると、なんとも濃く、妖しげに絡む2人の姿があった。オーディエンスとのコール&レスポンスもここでしか見せないスペシャルバージョン。キラキラと目を輝かせ楽しむTAKAがとても印象に残っている。
RYO(Ba.)とMASATOのコーラスが印象的な「Babylon」のあとに披露された「RAINBOW」でジャジーなリズムに心をくすぐられていると、「SALVAGE」、「DIVE INTO THE MIRROR」と続いた。大人の魅力たっぷりな、スマートでスタイリッシュなライヴの締め括りは彼らの1stシングルだ。「DIVE INTO THE MIRROR」が持つしなやかな強さはこういう場でとても力を発揮する。

SEが鳴り、真っ赤な光がステージを染めると、オーディエンスの手拍子に迎え入れられlynch.が登場。葉月は出てくるなりフロアを睨みつけた。強力な眼力に吸い込まれそうだ。
1曲目「I’m sick,b’cuz luv u.」から視力を奪われるほどの強いストロボの点滅。光の瞬きと共に轟くサウンドに体も脳も痺れた。
「毎日つまんねぇと思っているものをここに置いていってくれ!持って帰るのは楽しいものだけでいいから!最後まで暴れて声出していきましょう!」葉月の言葉にオーディエンスのボルテージも最高潮。「INBINCIBLE」、「MIRRORS」と畳み掛けると、葉月の口から「贔屓してくださーい」の一声が。MERRYの「やさしさキッド」だ。lynch.流の「やさしさキッド」はなんとも極悪。コール&レスポンスもとても厳つい。「MERRYの曲、1曲だけじゃ足りないよな?」と「バイオレットハレンチ」へ突入すると、ガラ、結生、ネロが登場し、ステージもフロアも垣根なしに大盛り上がり。手を握り合う葉月とガラの姿に思わず声が漏れた。
「NEW PSYCHO PARALYZE」からはさらに攻撃スピードを上げ、これでもかと暴れさせた。彼らの音から放たれる凄まじい熱量に包まれるフロア。メンバーがステージを去ったあと、「毎日つまんねぇと思っているものをここに置いていってくれ」という葉月の言葉を体現しているかのようなオーディエンスの清々しい表情が今でも記憶に残っている。

「六本木ジャジー喫茶クラッシック」をSEにMERRYが登場。ガラ、結生、健一、ネロ、4人でのアコースティックバージョンでライヴはスタート。「日ノ出町、街角ツンデレラ」、そしてlynch.の「anemone」をカバーし、MERRYの“哀愁”を見せつけると、ガラが一度袖に捌け、SE「-choral-」が鳴った。
「最終日だぞ!飛ばしていこう!」とネロが叫ぶと、オーディエンスのヴォイヴォイという声が響くなか、サポートベーシスト・RYO、そしてガラが登場。「梟」、「不均衡キネマ」と勢いのある曲で頭からガツンと攻め上げた。
サポートという立ち位置ながら、ただ音を再現するだけではなくMERRYというバンドに全力でぶつかっていたRYO。同じ楽器でも弾く人間が違えば音だって違う。そんな当たり前のことを改めて突きつけられたし、以前ガラとネロが言っていた「今しかないMERRY」という言葉を思い出した。間違いなくこの音は今しか聴けないMERRYの音だ。
とはいえ、「絶望」でコールを要求しながら柄杓で水を撒いたり、オーディエンスに「やりたーい」とコールさせたり、「消毒」で桶の水を頭からかぶったり、ガラは通常運転。パワフルなドラミングを見せながら所々立ちあがって叫ぶネロ、踊るようにギターをかき鳴らす結生、ピョンピョン飛び跳ねながら軽やかに音を響かせる健一。4人の姿は何も変わらない。MERRYとしてこのツアーを貫くことを決めた彼らには迷いなど一切感じられなかった。

MERRYの演奏が終わり、フロアからはアンコールの声。幕が開き登場した2台のドラムにオーディエンスが沸いた。ネロと晁直によるドラムバトルだ。ネロ、晁直の順番にバトルが繰り広げられ、最後には2人揃っての迫力あるドラムプレイ。大きな声と拍手で称賛が送られた。
ドラムバトルが終わると、ネロの呼び込みでMERRY、lynch.、defspiral、DIAURA、とメンバーが続々とステージに現れた。葉月の手にはジャックダニエルの瓶。ジャックダニエルをラッパ飲みする葉月に「えー!」と驚きの声が上がると、葉月は「…ウーロン茶だけどな(笑)」と、ニヤリと笑みを浮かべた。その姿はなんとも“らしい”。

セッションでは、「Adore」(lynch.)、「ジャパニーズモダニスト」(MERRY)と2曲を披露。「ジャパニーズモダニスト」のときの盛り上がりはハンパなく、曲のラストに全員が2台のドラムセットに集合したその光景たるや圧巻。異常な熱を帯びて約4時間に渡るイベントは終了した。
何の制約もない、ただただ自由な空間で、一切の垣根なくライヴを楽しむバンドメンバーとオーディエンスの姿、音を共有しながら笑い合える最高の時間は、まさにファイナルの名に相応しいものだった。幸福に満たされた空気がフロアには充満していた。

Freaks Addict Tour beyond
2013.11.15@SHIBUYA–AX セットリスト

彼女in the display
1. Unlimited
2. the straight edge dance party (with玲央、結生)
3. Gold Experience
4. Crazy Diamond

DIAURA
1.SIRIUS
2.赤い虚像
3.anti people(with葉月、悠介)
4. Beautiful Creature
5.Judgement
6.MASTER
7.TRIGGER

defspiral
1.VOYAGE
2.MASQUERADE
3.PARADISE(with ガラ、健一)
4.Babylon
5.RAINBOW
6.SALVAGE
7.DIVE INTO THE MIRROR

lynch.
1.I’m sick,b’cuz luv u.
2.EXODUS
3.ASHES
4.VANISH
5.INBINCIBLE
6.MIRRORS
7.やさしさキッド(MERRYカバー)
8.バイオレットハレンチ(MERRYカバー)
9.NEW PSYCHO PARALYZE
10.THE FATAL HOUR HAS COME
11.TIAMAT
12.pulse.
13.NIGHT

MERRY
1.日ノ出町、街角ツンデレラ
2.anemone(lynch.カバー)
3.梟
4.不均衡キネマ
5.絶望
6.罪
7.消毒
8. ゼロ-ZERO-

SESSION
Dr.SESSION(ネロ&晁直)
Adore
ジャパニーズモダニスト