LIVE REPORT

「KING GHIDORAH」

取材/文:なるまゆか 写真:本多元、前田恵   公開日:2014.02.28

LIVE REPORT > 「KING GHIDORAH」  (2/2)
「KING GHIDORAH」2014.2.12@SHIBUYA-AX

イベントのトリを飾ったのはBugLug。SEに合わせて手拍子でオーディエンスが待ち構えるなか、幕が開くとセンターに5人が集合。新衣装のお披露目ということもあって、5人の姿が視界に入るとフロアからは異常に大きな歓声が上がった。

「一番騒ぐぞー!!」と一聖の声でスタートしたのは「BUKIMI」。悪そうなギターでスイッチをオンにするとド頭から頭を振らせ、思いっきりオーディエンスを暴れさせる。燕の鳴らす重低音も曲の魅力を一層高め、フロアの温度を上げてくれる。
「マゼルナキケン」でマイクを体に叩きつけながら煽る一聖。真っ赤な光に染まったステージに響くギターの音。カラフルな髪色の将海も力強くビートを刻み、さらに盛り上げる。
「俺様についてこい!」と一聖が絶叫して始まった「WGMM」。ストロボライトが刺激的に光るなか、一樹、優、燕が前に飛び出しガンガン煽りながら音を奏でていく。センターのお立ち台に上がった一樹が一聖のマイクで思いっきり声を出したり、オーディエンスに歌わせるシーンがあったり、一聖はとにかく声を求めた。ライヴでしか、ここでしか感じられない声を。

「バンドが一番かっこいいのは、俺はライヴだと思っていて、ライヴがかっこよくないバンドなんて、やる意味ないじゃない?今日の3バンドはみんなそれぞれの意志があってバンドをやっているし、ライヴにその意志が込められたバンドだと思ってる。この3バンドが揃うイベントができてすごく嬉しいです。僕の想いに共感してくれたスタッフ、来てくれたみんな本当にありがとう!」

このイベントが開催できたことへの感謝を伝えた一聖は、そこから結成したての4年前に立ったAXのことを話し始めた。「そのときに演奏した曲、「Y×Y×M×E」をやります!」と告げるとフロアのテンションは急上昇。思い思いに騒いで大盛り上がりを見せた。
「Y×Y×M×E」に続き、「Ms.アリゲイター」、「ギロチン」、「絶交悦楽論」とポップさとダークさを融合させたBugLugワールドを展開すると、ラストは「HICCHAKA×MECCHAKA」。「持っている力を全部使い果たせ」と言わんばかりにオーディエンスを煽る一聖。一樹と優のギターから生まれる良質なハーモニーも美しい。

BugLugの演奏が終わると一聖は「今日のイベント楽しかった人―??」と呼びかけた。両手を広げて応えるオーディエンス。一聖がSuG、vistlipを呼び込み3バンド、15人がステージに揃うとラストは全員でサインボールをフロアに投げ込み、和やかな雰囲気に。
「もしまた機会があったらもっともっと楽しいこと一緒にやりましょう」と一聖は次への希望を持たせてこのイベントを締め括った。

Prev
Next

このイベントで特筆すべきは、どのバンドの出番でもワンマンのような盛り上がりを見せたということだろう。どこのバンドのファンなんてことは一切関係なく、自由に、思い思いに動き声を出すオーディエンスの姿がとても印象に残っている。

この3バンドでのイベントは今回が初めてだったわけだが、この3バンドによる化学反応がこれからのヴィジュアルシーンへの布石を打ったことは間違いない。武瑠がMCで言っていた「俺たちがぶつかってまた新たに生まれるものがあると思う」という言葉のように、これからのシーンをもっともっとおもしろくしたいという欲求のもと、先輩たちが築き上げたカルチャーの担い手としての責任を果たしながら、新しい風をどんどん送ってもらいたい。

「KING GHIDORAH」2014.2.12@SHIBUYA-AX

◆SuG セットリスト
1.Howling Magic
2.MISSING
3.heavy+electro+dance+punk
4.不完全Beautyfool Days
5.Boom Boom Neat
6.Rolling!!
7.Crazy Bunny Coaster
8.39GalaxyZ

◆vistlip セットリスト
1.Recipe
2.THEATER OF ENVY
3.Dead Cherry
4.CLASSIC OPERA
5.aim
6.深海魚の夢は所詮、
7.HEART ch.
8.GLOSTER IMAGE

◆BugLug セットリスト
1.BUKIMI
2.マゼルナキケン
3.WGMM
4.Y×Y×M×E
5.Ms.アリゲイター
6.ギロチン
7.絶交悦楽論
8.HICCHAKA×MECCHAKA

前のページ (2/2) 次のページ