LIVE REPORT

ユナイト

取材/文:なるまゆか 写真 / 西槇太一   公開日:2012.09.25

LIVE REPORT > ユナイト
UNITE. ONEMAN LIVE [U&U’s -meaning-]
9/17@東京国際フォーラム ホールC

今から約半年前、現在のヴィジュアルシーンにおいて動員キャパシティという観点で1つの通過ポイントとなっている赤坂BLITZをソールドアウトさせたユナイト。彼らが次に定めた目標地点、国際フォーラムホールCでのライヴが9月17日に行われた。

「近ぇ。2012 夏」と名付けられたファンとの近さを求めた今夏のライヴハウスツアーとはまた違った角度でユナイトを魅せるべく行われた、バンド史上初のホールライヴ。
場内が暗くなりステージの幕にたくさんの青い光が降り注ぐなか、順番にメンバーの影が映し出されるとファンの歓声も大きくなる。ゆっくりと幕が上がりゆきみの力強いドラムがガツンと体の奥に飛び込んできて始まったのはリリースされたばかりの新曲「イオ」。ステージ後方に目をやるとライトで構成されたバンドロゴが設置されていた。キラキラと光り輝きステージを彩っているセットは、まるで勢いのついた今のバンドの状態を表しているようで見ているこちらのテンションも上がる。椎名未緒とLiNは颯爽とお立ち台に上がりフロアを煽ると、結も「頭!頭!」と扇情しながら自らも激しく頭を振る。冷静沈着なプレイを見せていたハクも「Ms.Fabbit」で前に飛び出しフロアを熱狂させた。

「絶望クリエイター」で煙幕のように大量のスモークを使用したり、「約束」でバックスクリーンに空や雲を映したり、色とりどりの照明や特殊効果を多用した演出もホールならでは。結がソロでしっとりと聴かせた「epilogue」のしなやかな空気をガラっと変えた「Love_Duck_Core_Nothing」の演出が中でも素晴らしかった。イカレたイントロに合わせスクリーンに大きな月が映し出されると続けて現れたハロウィンをイメージさせるようなファンタジックなイラスト。曲の持つ怪しげな空気と相成ったヴィジュアルロック特有のカラーがなんとも心地良く、ユナイトの持つユニークな色彩感がとてもよく発揮されていたように思う。

初のホールライヴということもあって、はじめは当たり前のように緊張に伴う固さがあった。それはメンバーだけではなくファンにも同じことが言えた。通い慣れたスタンディングのライヴハウスとは違う。しかも国際フォーラムというどこかかしこまった場所。なんとなく距離を感じてしまうのも無理はない。不安にも似た緊張感が場内には漂っていた。もしかしたらそんなお互いの緊張がうまくシンクロしたのかもしれない。同じような緊張感を持ったメンバーとオーディエンス。探り探りではあったがお互いの気持ちを確かめ合うようにライヴを進めていくと次第に緊張はほぐれ感情が解放されていった。「ホールでも楽しんでもらいたい」というメンバーの思いが反映されたセットリストに、オーディエンスが笑顔と歓声で応えると、そんな笑顔を見ながら優しく微笑む結やLiN。テンションをさらに上げ楽しそうに跳ねながらプレイするゆきみ、未緒もクルクルとよく動き回り、前にせり出しながらさらに熱く煽り、ハクも攻めのベースプレイで勢いよくライヴを展開していった。

途中、ゆきみの機材にトラブルが発生したが、結が機転を利かせMCで繋ぐ。生ならではのハプニングにも冷静に対応できるようになっていた姿にバンドとしての成長を感じずにはいられなかった。「課題の残るライヴだった」終演後、未緒はそう言っていたが、ユナイトはまだまだ発展途上。これからを期待させるには十分なライヴパフォーマンスだった。

バンドはメンバーだけで作り上げるものではない。ユナイトを愛するオーディエンス、そしてユナイトをサポートするスタッフ。ユナイトに関わるすべての人たちの思いがバンドを作り上げている。
「どんなに距離が離れても俺はここから歌を届けます。これからもみんなと一緒にこうやって一つの空間を作り上げていきたいと思います」という結の言葉がこの日のすべてを象徴していたように思う。

UNITE. ONEMAN LIVE [U&U’s -meaning-]
9/17@東京国際フォーラム ホールC セットリスト

1.イオ
2.絶望クリエイター
3.U – s m e h -
4.約束
5.Kud’
6.Ms.Fabbit
7.draws,
8.snow slow
9.epilogue
10.Love_Duck_Core_Nothing
11.鳥籠好餌責務 -TORIKAGO like obligation-
12.不完全I/F
13.BadRequest
14.re:make
15.ディストリー
16.AIVIE
17.ミドルノート
18.失望エミュレイター
19.Eniver

en
SE:grow into UNiTE.
20.Meaning
21.world wide wish
22.starting over